目的地へ行こう

まだたどり着いていない人のブログ。

アグラ城

f:id:koyoblog:20170709164811j:plain

 次に訪れたアグラ城でもまだ気分はすっきりせず、赤砂岩でできた大きく風格のある城も、ただのつまらぬ建物にしか見えなかった。

 そんな気分を和らげてくれたのはチャイ屋(インドではミルクティー)のおやじたちだった。

「おーい、一杯やってけよ」

仲間同士でお喋りをしながら、通りすがる観光客に声をかけている。

「よー、日本人かい」

「どこから来た?とーきょー?おーさか?」

「くまもと、だよ。きゅーしゅーだ」

「きゅーしゅー。知ってる知ってる」

知らなそうだ。

「おーい、一杯やってけよ」

人を見かければおやじたちはすぐに声をかける。

「どお、煙草吸うかい」

おやじ三人は煙草をとった。

「そのライターもくれ」

ただの百円ライターである。差し出したら別のおやじがポケットにしまった。

「私が最初にくれと言ったのにどうして彼にあげるんだ」

「三人で使ってよ」

「そのライターは俺のだ」

もらえなかったおやじが半分笑いながら言い張った。

‘いいなーこういう感じ’穏やかな気持ちがまた戻ってきた。