目的地へ行こう

まだたどり着いていない人のブログ。

カーペット屋の手口

f:id:koyoblog:20170412002319j:plain

 気を取り直したところで、もう一度タージマハールに行きたかった。

「タージマハールに行ってくれ」

「タージマハール?」

シヴァは、またか、という顔をした。そう、また行きたいのだ。気持ち良くタージマハールを見たいのだ。

 しかし、次に停まったのは土産物屋だった。

 シヴァよ、お前もか。

「俺はタージマハールに行きたいんだ」

シヴァはいいから入れとあごで促した。‘この野郎’と思ったが、車をどこに走らせるかはシヴァが決められることなのだ。ここはガマンである。

 この店はカーペット屋だった。まったく興味はない。店員は懸命に説明していたが、話半分ですぐに出た。さあ、もういいだろう。今度こそは。

「タージマハールだ」

 しかし、またもや土産物屋だった。シヴァからはもう離れたかった。だが、明日ヴァラナスィーに行くためには今日中にニューデリーに戻らねばならない。それになにせ百ドルも払っているのだ。くやしいが、シヴァに連れ帰ってもらうしかないのだ。無力だった。もう疲れた。シヴァに従い、店に入った。店員の話を黙って聞き、頃合いをはかって店を出た。

 そして、シヴァはまたもや別の店に。

 怒る気力もなくなった。今度のは店内に何も置いてない。そこに若い男が入って来た。「いい話があるんだ。カーペットを運んで欲しい」

「それなら知ってるよ」

「知ってる?」

「ああ、すべてを知ってる」

そう言い残して車に戻った。男は乗り込んだ私を追いかけてきて、また尋ねた。

「すべてを知ってるって?」

「そうだ、すべてを。日本人なら皆知ってるよ」

「日本人全員が?」

男は心配そうな顔をした。

「何を知ってるんだ」

「商品は日本に届かない」

「………」

「カードも使うんだろ」

「そうだ、それから?」

「帰ってから請求される金額には、ゼロが一つ多い」

そこまで聞いて、男はさっと立ち去った。